ニュース

「お金がたまる片付け術」というか節約術を徹底解明!野菜の塩水術も!

NHKあさイチ(2019年2月25日放送分)「お金がたまる片付け術を徹底解明!、いろいろな片付け術や節約術について取り上げていました。

まず、家を片付け、キッチンを片付け、できることから一つずつされてみてはいかがでしょうか?

マシンガンズ滝沢さんのゴミへのちょっとした意識でお金が貯まるってのも嬉しいですよね。

片付けて本当に必要なものだけを残し、シンプルで無駄のない生活を目指すというような根本的な目標をしっかり見失わないようにするのが大切だと思います。

 

あさイチ「お金が貯まる片付け術」徹底解明!

2019年2月25日(月曜日)放送の『あさイチ』はお金が貯まる片付け術徹底解明!

お金が貯まらない人の共通点⇒家が散らかっている…!?

お金が貯まらない人の共通点は「家が散らかっている」ことだそうです。

今回は家計再生コンサルタント:横山光昭さんをスタジオに迎え「お金が貯まる片付け術」を徹底解明!!

家の中や財布の中、身の回りをきれいにすることが、お金を貯める第一歩になります。

 

家が散らかっているということは――

  • 片付けられないということは自分に必要なものと不要な物が判断できていないということ
  • 散らかっていると必要な時に必要な物が見つからず余計な重ね買いをしてしまう
  • 特に探している物が見つからないと、探すための時間まで無駄にすることになりますからね。こっちの方がむしろ痛いかもしれません。

身の回りを整理していない人は、必ず次のようなことを行っています。

  • ストレスによる衝動買い
  • 買ったものを捨てる(主に食料品の賞味期限切れ)
  • 不要なものを買ってしまう(すでに持っているものやそれと似たようなもの※特に洋服)

 

身の回りを整理整頓したからと言ってお金は増えませんが、このような事をしなくなるだけで、だいぶお金に余裕が生まれるはずです。

いつまでも今と同じ生活をしていると、やがて「家計破綻」「老後破産」になってしまうかも知れません…

お金が貯まる片づけ術―「キッチン回り」

キッチン回りの収納が上手くいっていないと必要なときに取り出せなくなり同じ物を二重に買ってしまたり、賞味期限切れすることも…。

  1. 食品の在庫を全て出して並べる
  2. 「目的別(主食・お茶・レトルト…など)」「使う人別(パパ・ママ…など)」で分けて百均などのカゴに入れて分別

 

お金が貯まる片付け術―「ゴミ出し」

ゴミ清掃員もやっているお笑い芸人の滝沢秀一氏によるとゴミを見ればその家がお金のたまる家かどうかはすぐ分かるそうです。

こんな特徴があるそうです。

  • 安価だからといってまだ使えるものをそのまま捨てているのはお金を捨てているようなもの(そういう点では100円ショップは・・・)
  • 特になにも考えず習慣的に毎日コーラや水などを飲んでいるのは積み重なってやがて大きな浪費になってしまう悪習
  • 使う予定のない通販のダンボールを家に溜め込んでスペースを浪費するのは最も象徴的な浪費の表れ

 

 

またファイナンシャルプランナーの、かなさん(34歳)は「ゴミ箱を極端に少なくするとお金が貯まる」という不思議なルールを紹介。

  1. ゴミ箱をなくす
  2. ゴミ箱に捨てに行くのが面倒になる
  3. ゴミを出したくなくなる
  4. そもそも必要な物以外買わなくなる
  5. ゴミが減る!
  6. お金も貯まる!

ゴミが少なくなるということはそれだけお金を節約していると言うことに直結するためどんどんお金が貯まってくるといいます。

家で出すゴミはできる限り一カ所に貯めゴミの量を見える化するとより実感がわいてモチベーションアップにも繋がります。

塩水漬けのレシピー買ったものを無駄にしないわざ

冷蔵庫の中で傷みがちな野菜を海水と同じ塩分濃度の水に漬けて保存しておくことで、腐りにくく旨味がアップします。少ない塩分で漬けておけるので、減塩効果も◎

冷蔵庫で柔らかくなっているため煮る時間が減り光熱費節約になったり、お子さんの離乳食のおじやを塩水漬けから作るのが定番になり、高価なレトルト食品を買わなくなったといいます.

塩水漬けのお野菜で離乳食を作ったり、レトルト食品を買わなくなったわ

材料

水 500cc
塩 大さじ1
昆布 1枚

お好みの野菜(大根、にんじん、きゅうり、大根、かぶなど)

 

作り方

1、タッパーに水と塩を入れて溶かす。

2、昆布を加え、その上に野菜を入れる。

・水は塩分3%(海水と同じ塩分濃度)にする
・冷蔵庫で4~5日保存可能
・生で食べられる野菜なら何でもOK
・野菜は丸ごとでも、タッパーに入れやすく切っても良い
・生で漬け物のように食べても、調理に使っても◎

何から始めますか?