グルメ

乃が美に対抗する銀座高級食パンの銀座に志かわは京都のどこに進出?

関西テレビ「報道ランナー」で京都の高級食パンの本店がある乃がみがある京都に銀座の高級食パンがオープンしたと見ました。

京都の阪急電車の桂の住宅地内にオープンするというのでちょっと面白いと思いました。

高級生食パンの乃がみがあるなかであえて、食パン一つだけの商品を売るという勝負をかけていますね。

市場が広がるとどんどん新しいお店が出てきて、どんどんレベルが上がり嬉しいですね。

あえて、高級な銀座から発信するのですね。

生高級食パン専門店「銀座に志かわ」とは?

高級食パン専門店「銀座に志かわ」とは「水にこだわる高級食パン」として、2018年9月にオープンしたお店です。

パンの仕込み水に通常の水よりもph値の高いアルカリイオン水で仕込んでいるのが特徴です。

「アルカリイオン水は素材の旨味を引き出す」ことは料理の世界ではよく知られています。

アルカリイオン水を使うことで、甘く、柔らかく、口溶けの良い食パンに仕上がり、

銀座らしい高級感あるパッケージが重なり、オープン以来毎日完売というお店です。

パッケージって大切ですよね!特に差し上げる時にね!

カナダ産の小麦粉やはちみつ、生クリームなどを合わせ、口どけのよい甘い生地が特徴です。

きんぴらごぼうや奈良漬などの和の総菜との相性も良く、夜の食事用としても楽しめるってパンなのに発想が和ですね。

今は伊勢神宮外宮にも奉納されています。

2019年1月には、大阪に2号店「銀座に志かわ船場本町店」を出店し、2月21日には京都の桂にもオープン、4月には大阪の東天満にオープンしました。

7月には京都の松井山手に出店予定です。

 

メニューは食パン1種類1サイズのみ!事前予約も可能

「銀座に志かわ本店」のメニューは1種類1サイズのみで、食パン2斤(864円)だけです。

電話予約なしの場合は1人2本までの本数制限です。

丁寧で上品なパッケージと商品説明がうれしい

「銀座に志かわ」の食パンは「丁寧で上品なパッケージ」が実におしゃれなのですよ。

パンの紙袋の中には、商品のストーリーやおすすめの食べ方とともに「焼き立ての食パンをお買い上げ頂いたお客様へ」の紙も入っているって何だかうれしいですね。

 

 

焼き立てなのでパンの蒸気が逃げやすい状態でお渡ししてますので「2時間ほど経ちましたら封をして常温で保管して」と書かれています。

 

おいしく食べる作法や、淡雪のようなくちどけの甘い食パンと書いてあります。

 

この食パンは、主張しすぎない、ほのかな甘みが特徴ですね。

「銀座に志かわ船場本町店」

2019年1月15日(火)オープン
住所:大阪市中央区南本町3-2-9 本町今岡ビル1F
営業:10:00~18:00(売り切れ次第終了)
電話:06-6253-2400
URL:https://ginza-nishikawa.co.jp

/div>

「銀座に志かわ京都桂店」

2019年2月21日(火)オープン
住所:京都市西京区上桂東ノ口町157 レヴェンテ桂1F
※駐車場2台 ※近隣コインパーキングあり
営業:10:00~18:00(売り切れ次第終了)
電話:075ー382-2400
URL:https://ginza-nishikawa.co.jp

銀座から全国へ発売するから地方の方も楽しみですね。

nbsp;

乃がみの食パンってどんなの?

 

高級「生」食パン専門店「乃が美」とは

全国に100店舗以上を要する生高級パン屋です。

高級「生」食パン専門店の乃が美(のがみ)
卵を使わず、最高級カナダ産100%の小麦を使用し、焼かずに美味しく食べていただける「生」食パンです。
パンの耳までふわっとやわらかでそのまま食べて非常に美味しい食パン

 

食パン2斤(864円)とジャムを販売しています。

甘い食パンにきんぴらごぼうが絶妙にマッチしてとても美味しいです。

 

まとめ

生で食べるのが一番おいしい銀座に志川が京都に進出するって、また京都のパンのレベルが上がる一因となりそうで楽しみが増えますね。

合わせて読みたい!

京都の健康志向のパン屋さん3軒をご紹介します。

全粒粉100%のパン屋、北海道小麦のパン屋、天然酵母の食パン専門店

乃が美、仁しかわを抜く京都のパン屋の国産小麦のおいしい食パン3選

パンのセレクトショップ京都プルミエベーカリーショップはどこのパンが買える?