テレビ

情熱大陸ナイトカメラマン竹本宗一郎の経歴と作品!ナイトラプス映像の作り方は

情熱大陸で肉眼では決して見ることができない光の魔術師と呼ばれる竹本宗一郎さん。

ナイトネイチャーカメラマンという唯一無二の闇に特化したカメラマン。

暗闇の中でどのようにしてこのように素晴らしい作品が撮れるのかをご紹介します。

竹本宗一郎のプロフイール

竹本宗一郎は少年の頃「天体観測」を理由に夜遊びしているときに偶然幻想的に輝く蛍を見つけてから自然の魅力に興味を持ち出したそうです。

そして、暗闇にどうかするため黒い服を着て、夜に特化したカメラマンとなります。

「天文ガイド」の筆者でもある竹本さんは、天文や宇宙、自然科学の分野の特殊撮影で有名です。

【名前】竹本宗一郎(たけもと そういちろう)

【生年月日】1968年

【学歴】大阪芸術大学(映像専攻)

【就職先】五藤光学研究所に入社

【職業】映像作家(ナイトネイチャーカメラマン)

【会社】1997年独立し、「ZERO CORPOATION」を立ち上げます。

【制作先】Amazon、au、NTTドコモ、NHK、花王、キャノン、旭化成ホームズ、
大塚商会、鹿島建設、キリンビール、小学館、武田薬品、東京ガス~他90社以上

竹本宗一郎の作品

世界を飛び回って活躍されている彼は、氷河の上を変化していく流星群、ハワイ島のマグマと天野川の共演、南米では大量の発光微生物とシンクロナイズドスイマーの神秘的な光の共演などを撮影されました。

彼の作品には神秘的で心を鷲掴みされてしまいます。

竹本宗一郎さんの作品をご紹介します。

 

 

 

 

ナイトタイムラプス映像とは?

タイムラプス」というのは、低速度撮影を指すカメラ用語です。

長時間にわたって自然風景が移り変わる様子を数分間の映像に凝縮したものをいいます。

微速度撮影、インターバル動画撮影などと呼ばれることもあります。

デジタルカメラの多くの機種で、このタイムラプス撮影機能が搭載されていて、スマホでも撮影可能です。

超高感カメラの性能とタイムラプスという撮影方法は竹本宗一郎さんにしかできない撮影テクニックで「夜の芸術」と言われています。

竹本さんがタイムラプス撮影テクニックの説明を書かれてご本もご覧ください。

タイムプラス動画撮影テクニック 楽天

 

竹内さんが撮影テクニックをセミナーされた映像です。良かったらご覧ください。

高感度撮影&タイプラプス撮影テクニック

情熱大陸で土ボタルと赤いオーロラ撮影にニュージーランドへ

「世界で8番目の不思議」というワイトモの土ボタル洞窟(Glow Worm Caves)。

南半球にしか生息しない鍾乳洞の中にいる土ボタル。

日本語では土ホタルと呼ばれていますが、実はハエの仲間の幼虫。ホタルとよく似た光を発することから、こう呼ばれるようになりました。

引用:PEACE DAY

引用;PEACE DAY

 

オーロラといえば、アラスカですが、ニュージーランドでは赤いオーロラが見ることが出来ます。

引用:Photo: ©Maki Yanagimachi / Earth & Sky Stargazing

赤いオーロラについては地球の歩き方に詳しく載っています。

地球の歩き方 ニュージーランド URL

まとめ

情熱大陸でナイトネイチャーカメラマンとしてご活躍の竹本宗一郎さんがニュージーランドで土ボタルと赤いオーロラの撮影にのぞまれます。

どんな映像が見ることができるのか楽しみです。

今後の闇の光のファンタジーが人の心を鷲掴みすることでしょう。