グルメ

テイクアウトで人気のマクドのごはんバーガーいつまで?モスのライスバーガーと徹底比較!

昨今のコロナウィルスで外出自粛でお店で食べるより人気なのがテイクアウトです。

モスのライスバーガーといえば、ご飯のパティの王道で歴史も長くとても人気です。

そこへ2月より夜メニューとしてマクドナルドがごはんバーガーを発売していて、

人気で予定より期間を短くするとのニュースが入ってきました。

徹底的に比較してみたいと思います。

モスバーガー ライスバーガー

モスバーガーのイメージは野菜多めでヘルシーです。

モスバーガーで使用される生野菜は全て国産、全国約2,900軒の農家さんから新鮮な野菜が届けられています。

どこの産地で誰が作ったかは当たり前、その産地や農家さんがどんな想いを持って作られているかがわかる「想いが見える野菜」です。

モスバーガーの経営ビジョンは「食を通じて人を幸せにすること

 

モスライスバーガー海老の天ぷら

¥417 +税  441kcal

ぷりぷりの海老の天ぷら2本に、天つゆ風のタレをかけ、ライスプレートで挟みました。天丼がモチーフのモスならではの一品です。

モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)

¥315 +税   388kcal

いか・海老の海の幸に、玉ねぎ・人参・枝豆を加え、ゴマの風味豊かな特製塩だれでさっぱりと仕上げました。

モスライスバーガー焼肉

¥362 +税  362kcal

牛バラ肉を、おろし玉ねぎ、しょうがペースト、おろしにんにくなどを加えた醤油ベースの和風オリジナルソースに漬け込みました。

 

 

マクドナルドのごはんバーガー

毎日17時から閉店までのディナー時間帯に販売している「夜マック」限定。

ごはんバンズは100%国産米をふっくらと炊き上げて香ばしい醤油風味に仕立てです。

「ごはんてりやき」 単品390円(税込)

旨みに富んだポークパティに、しょうが風味の甘辛いてりやきソースを絡めた「てりやきマックバーガー」をごはんではさんだ。

照り焼きだからご飯に合っているし、ひつこくなりそうなところをレモンソースでアクセントしてある

「ごはんベーコンレタス」 単品410円(税込)

100%ビーフパティに、スモーキーなベーコンとレタス、まろやかなチェダーチーズを合わせた「ベーコンレタスバーガー」をごはんではさんだ。

ロコモコみたい

「ごはんチキンフィレオ」 単品410円(税込)

サクサクとした軽やかな衣のチキンパティに、レタスとオーロラソースを加えた「チキンフィレオ」をごはんではさんだ。

唐揚げご飯や天むすみたい

 

当初は販売期間を「5月中旬まで」とご案内しておりましたが、現在の食材の在庫状況から、4月初旬にはほぼ全店舗で販売終了となる見込みです。

まとめ

マクドナルドはご飯のパティを初めて開発したとは思えないぐらい頑張っている。

しかし、モスバーガーは少々お値段高めだけれど、やはり30年の歴史には勝てない。

マクドナルドは大好評で5月までの期間限定が終了している店舗も出ている。

ということは、メニューとしてごはんバーガーの今後の売り出しも期待したい。