ニュース

震災や災害時に三立製菓のカンパン、保存食・水など防災リスト!

東日本大震災は予期せぬ津波でしたね。

今まで関西ではあまり起こらなかった地震が頻繁に起きるようになりました。

地震、台風など自然災害などのために家庭で防災グッズセットをお作りでしょうか?

そこで保存のきくカンパンなどの食べ物から書いていきますね。

三立製菓のカンパン

震災が起きた時には道路が渋滞して物資が届かないこともあります。

 

お店に行っても、みなさんが買い占めて食べられるものがなかったり、調理が必要なものだったりします。

 

そんな時にこのカンパンは缶を開けるだけですぐに食べられますよ。

缶入りなので5年保存が出来ます。

三立製菓のホームサイズカンパン475グラム入りと100グラム入りがあります。

会社の備蓄用としては100グラム入りを保管していましたね。

シンプルな味付けでおいしい
ボソボソするじゃん
保存期間が過ぎてもお料理に使えるわ!

 

固いパンだね

 

期限が切れそうになったら、お菓子やお料理に調理してみたら?

 

 

三立製菓のかにぱん保存は一ヶ月

カニの形をした可愛いかにぱん

パンを食べたいなと思ったら、こちらも保存が一ヶ月出来ますので常備するには良いかもです。

カニの形をしていて可愛い♡

 

シンプルなかにぱんに飽きてきたら、チョコ味もいかがですか?

 

残業の時に食べるのにもよし!

保存のきく食べ物ってどんなものがあるのでしょう?

 

カロリーメイトのロングライフがあるのですね!

備蓄用なのでお店では販売されていません。

通販サイトはこちらから

https://www.otsuka.co.jp/cmt/product/longlife/

引用:大塚製薬カロリーメイト・ロングライフ

カップラーメン

お湯を注げば食べられる器も要らないカップラーメンは良いですね。

たまにはおいしいそばだよ!

ダイエットの人には少しカロリー低めのカップラーメンもございます。

アルファ米のお粥や五目ご飯

パンばっかりは飽きてしまうので、ご飯系があると嬉しいですね。

おこわや五目ご飯、チキンライス、カレーなどはお湯で食べられます。

お粥は水でも食べられますし、スプーンがついていますので便利ですね。

国産米仕様で保存は5年です。

アルファ米の紹介 尾西食品

 

水がないと人は生きられない、水の常備は必須!

水は1人で1日3リットルは必要って言われていますよね。

大型台風がきた時に慌てて買い物へスーパーへ出かけたら、水は売り切れていました。

だから、水は常備しておく必要があると思います。

買い物ついでに買うのも良いですが、私は通販で送ってもらっています。

1.5リットルの6本入りを何箱か用意されてはいかがですか?

防災グッズのリスト

カバンにストックしておくと便利なもの

ティッシュ、懐中電灯、紙皿、紙コップ、割り箸、サランラップ、マスク、軍手、タオル、ハサミ、携帯ラジオ、ビニール袋、カイロ、雨具、ビニールシート、筆記用具、メモ、簡易用トイレ、ウェットティッシュ、生理用ナプキン、カセットコンロなどなど

お風呂の水は溜めておく

断水になった時に前日のお風呂の水を溜めておくと、トイレを流す時や手を洗いたい時に使えます。

まとめ

大型台風や地震で外に出られなくなった時にとても困りました。

食器棚のガラス面にはフィルムを貼っていましたが、引き戸のために開けるのが怖い・・・

まず、食器棚の中でごちゃごちゃになってしまったお皿やグラスを割らないで出すには家族で協力して落とさないようにする。

道路が大渋滞で買い物へ行けない。

缶詰などの備蓄はあるから良いものの

水が足りないからと買いに行くと売り切れが続く。

阪神大震災を経験した人の話を聞くと

物資は届かない。

水が買えない。

高くても水を求めるから、水をべらぼうな高額で売りに来ていた業者が横行していたそうです。

でもお店で買えないから、高くても買わなくては仕方がなかったそうです。

避難所に避難してもストレスが溜まるので、夜になると真っ暗な家でろうそくや懐中電灯を使って灯りを灯す。

寒い時だったから、震えながら、カイロなどで過ごした日々を聞くと

ある程度の防災グッズの袋を作っていて、食べ物などは期限が切れていなくかをチェックすることをお勧めします。