グルメ

つぶれない店で銀座のビルでミツバチを飼う!ヤンマー、石見空港ではちみつ。

マツコの知らない世界で銀座のビル屋上の養蜂場が放映されました。

高級なイメージのある銀座のビル屋上で養蜂をしています。

銀座ミツバチプロジェクト理事長の田中さんは銀座に空いている土地はほとんど無いけれど、空いているビルの屋上はたくさんあり何かできないかと考えました。

そこで、自然がないイメージの銀座の活性化と環境の街にしようという目的で銀座ミツバチプロジェクトが発足していきました。

ヤンマー本社ビルやローカル空港の石見空港でも養蜂場がありますのでご紹介していきます。

銀座ビル屋上の養蜂場

2006年春、銀座の周辺で働く有志たちが集まり、ビル屋上でミツバチを飼う銀座ミツバチプロジェクトがスタートしました。

養蜂を通して、都市と自然環境との共生を目指しています。

最初は蜂が人を刺すから危ないんのではないかと懸念されました。

しかし、ミツバチは大人しいので、人間がよほど驚かさないかぎり大人しいです。

今は銀座のビル三ヶ所で取れる蜂蜜は1トンです。

引用:NPO蜂蜜プロジェクト

 

理事長の田中淳夫さんの本を紹介します。

田中淳夫 銀座ミツバチ物語 アマゾン

 

なぜ、都会の銀座でミツバチが育ったのでしょうか!?

ミツバチは大変農薬に弱く、環境指標微生物と言われています。

日本国内の多くの農地では農薬が使われ、ミツバチたちが生息しにくい状態になっているところもあります。

ミツバチが花蜜を取るために飛ぶ距離は3キロ四方と言われています。

銀座のミツバチ養蜂場から2キロ以内には、皇居や日比谷公園、浜離宮などの緑豊かな公園があり、蜜源があることに気づきました。

銀座ミツバチプロジェクトがスタートすると、銀座の街路樹に花が咲きはじめ、街に変化が出てきました。

ミツバチが蜜を集めるのは3~7月。

銀座ミツバチプロジェクトのミツバチたちは、

3~4月に銀座の街路樹や皇居の「桜」、

5月に街路樹の「マロニエ」、

6月に皇居外周の「ゆりの木・トチノキ・菩提樹」、

7月は国際フォーラムに植えられている「エンジュ」から蜜を集めてまわるそうです。

桜蜂蜜はフワッと甘くて桜の香りがします。

採れたハチミツは銀座蜂蜜(銀バチ)として商品化

銀座ではこの蜂蜜を使ったスイーツ、ビール、カクテル、化粧品、石鹸などに商品化されています。

バーやクラブでは、はちみつで作るカクテル「ハニーハイボール」が人気メニューです。

世界でも珍しいミツバチの酵母で作られたビールも販売されています。

銀座のハチミツの商品は↓↓↓

銀座養蜂場の蜂蜜を使った商品

 

ヤンマー本社の屋上の養蜂場

大阪の梅田のヤンマー本社ビル12階社員食堂「ヤンマープレミアムマルシェ 大阪」中央の庭園に、「梅田ミツバチプロジェクト茶屋町養蜂場」があります。

ここは、ヤンマーの支援するNPO法人梅田ミツバチプロジェクトが運営する都市型養蜂場です。

大阪の高層ビルなどが立ち並ぶ梅田で緑がない中で「おいしいハチミツが採れる」と聞くと、多くの方が驚かれるかもしれません。

半径2~3キロ以内に、淀川河川敷や大阪城公園、街路樹、神社仏閣の境内で育つ樹木などから蜜を集めることが可能です。

都会なので農薬の影響が少ない、さまざまな樹木や花から集められる“百花蜜”を楽しむことができます。

引用:ヤンマープレミアムマルシェ

ヤンマー本社ビル プレミアムマルシェ URL

ヤンマー本社ビル12階では毎週土日限定で一般に開放して11時〜15時まで一般ワンプレートのランチやカレーが頂けます。蜂を飼っているところもガラスを通して見ることができます。

ヤンマープレミアムマルシェ ランチ URL

私も整理券を取ってランチを頂きました。とても美味しくビルからの眺めも最高です。

坂上指原のつぶれない店で紹介された石見空港の養蜂場

2島根県の萩・石見空港は一日2往復しか飛んでない国内便空港です。

この空港の滑走路の片隅に蜂の巣箱を置いて始めたのが、「萩・石見空港ミツバチプロジェクト」です。

空港の周りは農薬が少ないのでミツバチにとってはとても良い環境です。

空港での養蜂は、ヨーロッパを中心に広がりを見せていますが、国内空港初の試みです。

空港東側の空き地で養蜂箱(縦44センチ、横53センチ、高さ27センチ)が10箱設置され、約20万匹のミツバチを飼育しています。

石見空港 蜂蜜 オンラインショップ URL

最後に

蜂蜜は環境にとって人類にとりとても大切な役目をしてくれています。

蜂がいなくなると人間は4年しか生きられないそうです。

甘味料のイメージがある蜂蜜ですが、ヨーロッパでは昔から薬として扱われてきました。

ミイラの防腐剤として、ハチミツが使われていたという記録もあるそうです。

ミツバチを通して、地域交流や環境問題などについて様々なことを繋げてくれていると銀座ミツバチプロジェクトの田中理事長はおっしゃいました。